援交掲示板の相場と援交募集向け出会い系サイト2018@援コム

援交掲示板の相場と援交募集向け出会い系サイト2018@援コム

ダンサーのユミちゃんと30,000円で中出し援交SEXしまくっている件

更新日:

格安の優良援交サイトTOP3

「出会いの確率」「口コミ投稿数」「評価ポイント」を総合的に格付けしました!
全国対応の援交募集サイトのみを選んでいますので近所の援交女性探しにおすすめ!

ワクワクメールの掲示板を探索中にユミちゃんに会う

いつものように会社の昼休みに暇つぶしがてらワクワクメールの掲示板をチェックしていると“ご飯とか連れて行ってくれるお友達募集してまぁす”との書き込みが。

こういうのにはとりあえずコメントを残しておくのが俺の流儀。
その日自宅に帰りもう一度チェックしてみるとメッセージが残されていた。

「初めまして♪ 連絡ありがとうございます 俺さんLINE教えてよ」
「返事遅れてごめんね 連絡ありがとう これだよ」

と言ってLINEでのやり取りがはじまる。
無駄な金がかからないので正直ラッキーだったし、自撮りの写真を送ってもらうと黒髪で色白、体型も細く思っていたよりもずっとアタリだった。

それからはとりあえず1週間ほど連絡を取り合って、俺の方から食事に誘ってみた。
「え~なにもしないでよ~?笑」
「え~なにもしちゃだめなの~?笑」

周りからみたら本当に気持ちが悪くなるような頭の悪いやり取りをしていく。
結局食事の了承をもらい土曜日の昼から会うことになる。

すすきのの地下鉄前で待ち合わせ

昼の13時にすすきの駅で待ち合わせする。
俺は自宅から徒歩5分圏内だったこともあり、待ち合わせの15分前には場所についていた。
北海道は涼しいと思っている輩は多いが、ここ数年は東京よりも気温が高い日もあるほど夏はとにかく暑く、この短時間歩いただけでもじっとりとした汗が湧き出てTシャツが張り付いていた。

首元を掴んで前後にパタパタと動かしていると、ユミに声をかけられる。
「俺さんでしょ?やっぱり!」
「あぁ、ユミちゃんか 初めましてだね」
「そうだね笑 まぁいいじゃん行こうよ」

と彼女に手を引かれて階段を登り、近くにあった叙々苑で昼飯を食べる。
もちろん痛手ではあるが、昼飯ならたかが知れてるし、たまには自分もうまいものが食べたい。
普段はコンビニのパンやおにぎり、すでに完成したお弁当を適当に食べていた分とろけるような肉には素直に感動した。

肉を食いながら彼女は自分の話しを沢山してくれた。
「フリーのダンサーとして活動しながらジムのインストラクターしてるんだ」
「ダンサー? すごいね」
「馬鹿にしてない? ダンサーだから凄いってわけじゃないでしょ笑」

確かにそのとおりだ。
本気でやっている分ダンサーとしてのプライドがあったのだろう。

「俺さんは何してる人?」
「俺は労務関係の法律事務所に務めてるよ」
「弁護士さんなの?」

「弁護士よりは偉くないけど、訴訟の金額が低ければ担当できる資格を持ってて それで食ってるんだよ」
「そうなんだぁ 私、海外で本場のダンスを学びたくて今お金貯めてるんだよね・・」
そう言いながら彼女は僕の顔を眺めている。

「そっかぁ、まだまだお金が必要なんだね じゃあ、家に来る? 単発アルバイトみたいな感じだけど笑」
「うわぁ・・・露骨な援交だね ちょっと引いたけど行くわ笑 時給いくら?笑」
「時給はないでしょ笑 日給2万でどう?」

「ありよりのあり~♪」
ということでユミは肉を食いながら嬉しそうにそう答える。

TSUTAYAに寄って自宅にむかう

「おじさんって援交良くするの?」
「あんまりしないかなぁ ユミちゃん慣れてそうだね」
「いやおじさんも絶対慣れてるでしょ 援交目的臭すごかったからね笑」

彼女はたまに俺の腕に触れてはすぐ離れてを繰り返しながら、近くのTSUTAYAにより映画を一本借りてコンビニに寄り適当に食べ物を揃えると自宅に戻る。
家のマンションはもとからエアコン完備で動かしたまま放置していたため、外からうちに戻った時の幸福感は素晴らしいものがあった。

「涼しいねぇ・・てか家広いねえ・・」
「部屋を持て余したオジサンの一人暮らしはこんなもんだよ・・」
「ふぅん」といいながら彼女はソファに腰掛ける。

「映画の準備しておくからシャワー入っといで 着替えこれ使っていいから」
「新品だけどこれ俺さんのサイズ?笑 さすがにでかすぎでしょ」
文句を言いながらシャワー室に案内、20分後には彼女も戻ってきた。

「ありがとうね~汗流せてよかったよ」
「それは良かった 俺も入ってくるからゆっくりしてて」
俺は10分位であがり、いつもの癖で上半身ハダカで出ると彼女はこちらをみて立ちあがる。

「なんで裸なのさぁ~もう始めたいの?映画は?」
俺の胸元に近寄り彼女は乳首をゆっくりとこねりはじめる。
俺は汗が引いたら着ようと思っていたTシャツを床に落とし、「したい」とだけ彼女の耳元でささやくとは俺の乳首を舐め始めた。

すでに興奮している俺の欲棒はビンビンに腫れ上がり、我慢できない欲情から彼女の腹部にこすりつけるように動きながら乳首の愛撫を受け続けていた。

「俺さんもうビンビンだね?苦しい?脱がしてほしい?」
「脱がしてほしい」
「まだダメだよ 俺さん私に許可なく擦り上げてたからまだダメ・・・」

ベッドに移動しユミの身体を弄る

「触ってほしいなら私も気持ちよくして」
そう言われた俺は彼女が着ていた大きすぎるTシャツを脱がせる。
するとふっくらとした胸よりもしっかりと割れた腹筋、無駄な脂肪のないある意味女性らしくない身体が目が行った。

「さすがダンサーだね・・・キレイだよ」
「ありがとう 早く触って」
優しく彼女の胸を揉むとハリのありむっちりとした乳房が俺の手のひらに吸い付いてくる。

「あぁ・・気持ちいい 乳首吸って」
年下の女性に気づけば言われるがままになっている俺だったが、それもまたどこか心地よく言われた通り彼女の乳首を吸い込むように刺激していく。

チュ・・ヂュ・・といういやらしい音と共に彼女の喘ぎ声も目立ち始め、気づけば彼女の乳首はカチカチに膨れ上がり勃起していた。
「エッチな乳首だね ビンビンになっているよ」

そう耳元で囁きながら、腹部から手を滑らせそのまま無防備な下着の中に指を滑らす。
グチュグチュの彼女の愛壺は、すでに準備は完璧になっていた。
「まだダメ・・なのに触った」

といいながら悶ているユミ。
「もうこんなに濡れているのにだめなのかい?」

指を中に入れ、凹凸のある部分を刺激していくと次第に彼女は吐息が荒くなり下半身がもぞもぞと動き始める。
「あぁ・・もう良い。もう良いから」

とせがむ彼女の唇に軽くキスしながら同じリズムでグチュグチュと刺激していくと「あぁ・・もうイキそう!あぁイク!イク!」と俺の右手を両手で抑え込んだまま彼女はエクスタシーに達した。
荒い息でぐったりとしている彼女の頭をなででいると、彼女はバッと起き上がり欲棒に顔を近づけ舌先で先端を刺激していく。

「約束どおり、次は私だね なんかしょっぱい液でてるよニチャニチャしてる なにこれエッチだねえ」
「・・・」
「何も言わないでビンビンにしながらハァハァって 恥ずかしくないの?笑」

「気持ちいい・・」
「ドピュドピュしたい? 挿れたいの?」
「挿れたい」

しょうがないなぁと言いながら彼女は俺の竿を掴み騎乗位の体勢で愛壺の1番奥まで入っていく。
「あぁ・・1番奥まできてる」
「まだ俺の全部入ってないよ」

そういいながら彼女の子宮をグリグリ優しく刺激していくと彼女は“ちょっと待って 私が動くから”と膝を立てて勢いよく腰を振りはじめる。
前後上下に勢い良く動きながら快楽に夢中で目をギュウとつむって腰を振る彼女に興奮し、さらに大きくしてしまう。

「どんだけでかくなるのこれ・・」
「ちょっと動いてもいい?」
と聞くと彼女は俺の方に倒れ込み、俺は騎乗位の体勢のまま動き始める。

グチョングチョンと動きながら彼女のボルチオを常に刺激しつづけると、彼女はこらえきれないように足をピクピク動かしながら受け止めている。
「あぁ・・・そこばかりやだあ・・やだもうやだこわいよぉ」

彼女のその言葉に興奮している俺はゴムを付けていない状態で彼女の子宮にまるでディープキスをしているような感覚でこすりつけていく。
彼女の愛液の匂いだろうか、どこか生臭くつんとくるが男性を興奮させる匂いがどこからか臭っている。

ボチュボチュと一定のリズムで彼女のボルチオを刺激しつづけて5分ほどだろうか。
“おぉ!おぉ!あぁ!”と獣のような声を出しながら彼女はついにボルチオだけで2回目のエクスタシーを感じながら俺の生の欲棒をきゅうと締め付けてくる。

もう我慢ができなかった。
出さないという選択肢ができたのは、この数秒前までで俺はもう彼女の膣の中に、子宮の中に精子を全て吐き出す。

「あぁ!すごい!」と言いながら彼女は自分でも腰を震わせながら俺の精子を絞りとり、俺は初めての中出しに頭がとろけてしまうような快感と興奮を覚えた。

「あぁ、私ピル飲んでるから」
と軽くいう彼女にホット一安心し、結局3発分ユミの中に吐出してSEXは終了。
最初は2万円の約束だったが、満足しきっていた俺は3万円渡し“次も援交SEXしたい”と懇願。

月1で彼女は俺の単発援交トレーナーを続けてくれている。

相場より安く会える援交サイト

サイト名 ハッピーメールロゴ ワクワクメールロゴ pcmax
女性会員数 620万人評価-○ 750万人評価-◎ 430万人評価-○
サクラ いない評価-◎ いない評価-◎ いない評価-◎
援デリ遭遇率 3%評価-◎ 12%評価-○ 19%評価-△
出会い率 91%評価-◎ 93%評価-◎ 89%評価-○
年齢層 18歳~25歳
若い女性と援交をするなら迷わずココに決まり!20代前後の女性率が圧倒的に高いぞ!
18歳~31歳
年齢問わず相手を探すのにGOOD!25歳前後の落ち着いた女性との援交は味があるw
20歳~28歳
29代後半の援交相手を探すならココ!年齢が上がれば安くも済むぞ!
総合評価 評価-S公式ページへ♪ 評価-A公式ページへ♪ 評価-B公式ページへ♪

-援交ストーリー

ダンサーのユミちゃんと30,000円で中出し援交SEXしまくっている件

Copyright© 援交掲示板の相場と援交募集向け出会い系サイト2018@援コム , 2018 All Rights Reserved.