援交掲示板の相場と援交募集向け出会い系サイト2018@援コム

援交掲示板の相場と援交募集向け出会い系サイト2018@援コム

子持ちエステティシャンのマイちゃんと格安割り切りで援交SEXしまくっている話

更新日:

エステティシャン 援交
登録無料で出会える確率の高いサイトを厳選!
援交 出会い系 ランキング
同じサイト内の援交サイトランキングへ移動しますよw

ハッピーメールの掲示板で割り切り交渉

最近リピートして会っているシングルマザーのエステティシャンとの援交談を簡単に紹介しておく。
初回は15,000円+ホ別と料金的には特に特徴はなかったが、なんと言っても色白のスレンダーでキレイな黒髪とエステティシャンというだけあって非常に気品も感じた。

ハッピーメールの掲示板で約束を取り付けて初めて会った時、俺は会ってすぐにお礼を言ってしまうほどには感謝の気持ちでいっぱいになっていた。笑

そんなマイちゃんは、4歳の娘と2人暮らしで、仕事が終わってから保育園の迎えまでの1時間30くらいしかSEXに時間をかけられないが、慣れてきた今はもはや充分すぎるというほどにお互いの性欲を満たせている。

現在は格安4,000円+ホ別でラブイチャSEX

現在はすでに元値の3分の1と4,000円+ホ別でSEXをさせてくれるためコスパもすこぶる良い。

基本尽くす愛撫とSEXが好きでイクよりもイカせるのに生きがいを感じている俺に対して“むしろお金を払わないといけないくらいだから”と破格SEXを堪能させてもらっている。

4,000円といえばきたねえピンサロで働く汚いババアくらいしか抱けないのに、ここまで上級の女性なら話しは別だ。
できるだけ手放したくはない。

本人曰く元旦那からの慰謝料と養育費+自分の仕事は歩合性で顧客がついているから生活費には困っていないのだとか。

初回からススキノのラブホで会って1時間で合体

初対面の日はススキノ駅の近くのコンビニに車つけているからと言われて指定のコンビニに向かい新車のクラウンでお出迎えをしてもらった。
“美人で稼ぎもあんのかよ”と自分に劣等感を抱きながら足を見ると、ミニスカートから覗く細いけどムッチリしている足が興奮させてくれて俺をすぐに慰めてくれた。

“時間ないからそのままラブホでいいでしょ?”と言われ願ってもない俺は“もちろん”と1つ返事。
すぐにホテルに入ってシャワーを浴びほぼノーストップでベッドに横になる。

金を渡して気持ちもすっきりした俺は、そのままNG行為の有無だけ簡単に確認する。
“フレンチキスOK、ディープキスNG/アナルSEXはNG/ゴム有り”ふむふむ妥当なのか?フレンチOKディープキスNGは珍しくて面白い。

“それじゃあ”と言いながらとりあえず両足を掴んだまま、股を開かせてじっくりと観察。
マイちゃんはこれも職業柄なのか、パイパンで形がはっきりとわかる。
クリトリスを刺激するのが大好きな俺からすれば毛が口に入る心配がないというのは非常にラッキーだった。

とりあえず胸の方にもどり、小ぶりだが形とハリのある胸を軽く揉んでいく。
あえて乳首には触れないようにゆっくりと揉んでいくと“あんまり時間ないからね?”と軽くせかされるが淡白なSEXをするくらいならしないほうがマシだ。

俺はとにかくじっくりとマイちゃんの身体の感覚を味わいたくて、ゆっくりと左乳はかわらずにもみもみしながら、右乳だけ乳輪周りを攻めていき口は下乳をなめながらと乳を重点的に攻めていく。

それを続けていくと足がもぞもぞし始め喘ぎ声にも似た吐息が聞こえてくる。
“下触ってほしい?”と聞くと、“うぅん、触ってほしい”と素直に言ってきたご褒美として左手は乳首を刺激しながら右手でマンコの外側を揉み込むようにグニグニと刺激していく。

もう結構濡れていてマイちゃんのアソコはヌルヌルと滑りが良く本人も気持ちよさそうにしていた。
この時点でラブホに入ってからすでに25分くらいは経っていたと思う。

そのまま右手ではマンコの外側をもみもみしながら左手ではマイちゃんの股関節周りをマッサージしていき“お客様いかがでしょうか?”などとふざけながらお互いが少しずつリラックスしていくのを感じていた。

次に上半身は寝たままM字開脚をさせ両手でゆっくりとマイちゃんの大事な部位を開きながら観察してみる。
やはり周りはトロトロの透明な液でふやけていて、膣は真っ赤になりながらピクピクと動いていた。

アナルの方を見てみるとここも毛が一切生えておらずついついマンコを舐める前にアナルを舐めてしまう。
すると“アナルSEXは禁止だからね!”と釘を打たれつつ“アナルにチンコを入れる気はないから”となだめ再び、アナルを舐めながら同時にゆっくりと皮がかぶったままのクリトリスを軽く刺激していく。

どっちで感じているのか明白だが、“ふぅっ”とゆっくりと息が漏れるマイちゃんは徐々に高まっていっているのがわかる。

勃起し始めて固くなってきたクリトリスを優しく口で吸い込み片手は乳首に、もう片方はマイちゃんの口の中に入れて模擬フェラをさせる。

ジュポンジュッポンと大人しくバキュームをしているマイちゃんのだらしない顔にまた興奮しながらクリトリスをバキュームしていると急に“あぁ、きそう!”と言われたので口を離し指でまた右回りに刺激しながら“何が来そうなの?教えて”と聞くと“あぁ、くるくる!イク!”と回答にならないまま果ててしまった。

軽く汗ばんだマイちゃんの身体は暖かく、くっつくと非常に気持ちが良かったので3分くらいは勃起したままテントを張っているチンコをマイちゃんの尻にこすりながらマイちゃんの呼吸が整うのを待った。
しかし恐らく後ホテルを出るまで30分前後しかなくそこまでゆっくりしている時間がないのは間違いない。

膣を一切ほぐしていないマンコはまだ指一本でもきつかったが、これはチンコで広げようと無駄なゲーム感覚でパンツを脱ぎ捨ててゴムを装着。
そのままマイちゃんに愛撫もさせずにマンコにズブぅとマイちゃんの1番奥にまで一気に挿入する。

“ううん!”と若干苦しそうな声出すもあまり抵抗感なくチンコは入った。
奥まで入った膣全体を感じるために手前側、中、一番奥と全体をくまなく攻めてみると元人妻ということもあって1番奥のボルチオが最も反応が良かった。

そこで再び1番奥まで入れて子宮口をコツンコツンと優しく攻めていくと、“ああそこすごく気持ちいい”と素直に感じている素振りを見せてくる。

そこでクリトリスを軽く刺激しながら少しずつストロークは短くスピードは早くしてズチズチと音を鳴らしながら腰振りを続けていくと徐々にマイちゃんも“オッオッ”と声を出し始めてきたので正常位から横に体位をずらしてそのまま次はバックでついていく。

生暖かいマン汁がこちらの肌にも吸い付くように糸を引きながら腰を振っていくと“あ~またイクイク”と言いながら腰を上下にブルブル震わせマイちゃんは再び果ててしまう。
そんな情けないマイちゃんを挿入したまま眺めているとケツの穴がひくひく震えていて愛おしく感じる。

もう時間もそこそこだったこともあり、そのまま抜かずに最後は自分の思うがままチンコを振り続けていくと徐々に精液がチンコを登っていくのを感じ始める。

バチュンバチュンと音を鳴らしながら腰を振り続けていくと“あぁもう無理!!無理だから!”とマイちゃんは逃げるように腰から離れようとしてきたが、それでも両手でロックした状態で離さないで振り続けると“シヌ!もう死ぬ!”と発狂しながら本日3回目の昇天で少し記憶が飛んでいるようにも見えた。

“まだ時間あるの?”と一応聞くと“準備時間抜くと後15分位ならできるよ”と嬉しい返事が。
そこで最後に正常位でマイちゃんの腰を持ちあげながらGスポットを攻めていくと泣きそうになっているマイちゃんの声を眺めながら腰を振り続け最後はほぼ同時に昇天。

マイちゃんの横に寝転びフレンチキスをしていると、マイちゃんから舌を優しく絡ませてきて“お礼”とだけ言われ再び勃起したが、もう時間がないということでチンコをマイちゃんに思い切りこすりながらも泣く泣く帰り自宅をしていく。

会えば会うほど濃密な時間になっていく

この後に娘のもとに行き母親面していくと思うと興奮すると思うが、さすがに娘に会うわけにも行かないと思い再びすすきの駅に降ろしてもらい解散。
同日の夜に “また会える?”と連絡すると“いつでも良いってわけではないし、時間もそんなにとれないけどそれで良い?”と言われて問題なく契約成立。

出会ってからもう三ヶ月くらい経っているけど結局この前抱いて5回目で徐々にお互いの攻めどころもわかってきていて1時間半がより濃密なものになってきている。
マイちゃんにしたいけどなぁ~無理だろうなあ・・・。

-援交ストーリー

Copyright© 援交掲示板の相場と援交募集向け出会い系サイト2018@援コム , 2018 All Rights Reserved.