援交掲示板の相場と援交募集向け出会い系サイト2018@援コム

援交掲示板の相場と援交募集向け出会い系サイト2018@援コム

花屋の店員に援交SEXを持ちかけ言葉責めしながらボルチオを刺激しつづけてみた

更新日:

格安の優良援交サイトTOP3

「出会いの確率」「口コミ投稿数」「評価ポイント」を総合的に格付けしました!
全国対応の援交募集サイトのみを選んでいますので近所の援交女性探しにおすすめ!

若菜と出会う

初めて僕が援交に手をだしたのは約2年前。
彼女に浮気をされ、女性を一切信じられなくなりながらも性欲だけは残り、いつまでも彼女との夜を忘れられず寝ても起きても彼女のことを考え続ける自分に嫌気がさし、ワクワクメールに登録。

掲示板で援交募集中のおばさんに10,000円支払い淡白なSEXをした。
こんなもんか、なにも気持ちよくないな・・と思っていたが、時が経つとまた虚しさから掲示板で知り合った女性とSEXをするために連絡をとりあって自分の肉欲を満たすためだけに腰を振り続けていた。

そんな中で僕は若菜に出会う。
先に言っておくがこの関係は恋愛関係には発展しないが、僕は新たな癖を彼女のせいで開花させられたのは間違いなかった。

いつものようにワクワクメールの掲示板をみていると“ご飯に連れて行ってくれる方がいらっしゃれば・・”という投稿を発見。

メッセージをいれてみると、時間をおかずに返信がきた。
結果その日の夜に会えることに、仕事が終わるのが22時をすぎるから遅くなるとのことだったのでほぼ援交SEXできるのは確定だろうと思いながらすすきの駅のホームで合流することに。

中華料理を食べながら彼女を口説いていく

10分ほど駅で待っていると女性が声をかけてきた。
「はじめまして Kさんですか?」
「あぁそうです 若菜さんですよね よろしくおねがいします」

彼女は身長が高くスタイルは良いが、大雑把にまとめた黒髪にジーパンとかなり地味な印象。
ただそれでも顔立ちはかなり美しく一瞬みとれてしまうほどだった。

予約していた名前を伝え個室に案内されて改めて自己紹介をしていく。
彼女は有名な花屋で働いていて僕も何度か顧問先の新店舗開店の際に依頼したことがあった。

彼女があまりこちらの目を見ようとしないため会話を続けていいのかわからず、ついには彼女に問いかけてしまう。
「怖いの?」
「あ、いえ あの、ちょっと緊張しています すいません」

出会い系には何度か登録していても、結局面倒になって放置していたが今回は勇気を出してみたとのこと。
「なんだ!じゃあ、今日は本当にご飯を食べに来ただけなの?」
面倒くさいので直接僕はそう質問してみる。

「いえ・・あの正直 全くそういうことがないということも思ってはいませんが・・」
と彼女は雑にまとめた髪の毛をペタペタと手のひらでなぞる。
僕はこのような女性を抱けることがすごく嬉しかった。

それと同時に早く彼女を抱きたいという気持ちも強まっていて、飯を食っている時も彼女の首筋やジーパン越しから見える太腿のラインを舐めるように視姦していた。
彼女はこちらをほとんど見ずに黙って僕の視線を飲み込みながら食事をしている。

「花屋で働き始めてから長いの?」
「あ、はい 高校卒業してから花屋だけです お店は何度か代わっていますけどね」
「そうなんだ 花屋っぽいもんね どこか清楚でキレイで」
「あ、すいません ありがとうございます 嬉しいです」

どこか話しのテンポが優しいというかゆっくりな彼女との会話は、以外と苦にならず落ち着くものだった。
また彼女は食いっぷりもよく、エビチリや小籠包などを大きい口で食べていく。
下手すれば自分よりもバクバクと食べていくが、それでも話しかけるとどこか線引している彼女が面白かった。

どうみても援交に乗るタイプには見えないが、若菜自身が回答を僕にくれている。
そのギャップに興奮させられていた。

ラブホテルに入らず彼女の自宅に行くことに

店を出るとすでに時間は24時をすぎる時間帯だった。
「このままラブホテルにいかない?もちろんお礼はするから」
「ありがとうございます ただ私の家、ここから結構近くて なので、家に来ませんか?そのほうがゆっくり休めるとも思いますし」

「ありがとう お言葉に甘えるよ」
恥ずかしながら女性の自宅にあがるのが久々すぎて結構緊張してしまう。

そこから徒歩10分ほど歩きながら“僕は怖くないのか?/なぜ援交に応じた?”等の質問を投げかける。
すると彼女からは“最初は怖かったが、本当に怖い人はなんとなくわかるからもう怖くない/たまにははめをはずしたい”ということだった。

自宅に入ると彼女はハーブティーを入れてくれた。
援交相手にハーブティーを入れてくれる目の前の女性に、いままでの援交相手と同じような淡白なSEXはしたくなくなっていた。

というか、いままでの女性には到底もてなかった興味を若菜には抱いて、薄っぺらい情のようなものを感じていた。
そして僕はその興奮を止めることができずに、僕に背を向けてつまみを用意している彼女に後ろから抱きついてしまう。

「先にしない?」
「あ、でもまだシャワー入ってない」
「フェラはさせないしゴムもつけるから」

若菜をこちらに向かせてゆっくりとキスをしていく。
それと同時に彼女のTシャツ、下着を立ったまま脱がせると形が良くとてもキレイな乳房が顔をだし、興奮も限界に僕は彼女をベッドに促した。

ベッドに押し倒してお互い服を全て脱ぎ捨てる

彼女の乳房に手をあてがい全体を揉み込むように刺激していく。
「んん・・・」
「乳首が固くなってきたね 触られても居ないのに若菜ちゃんはエッチだね」

「それは・・・あぁ!エッチなんかじゃありません・・」
「ちょっと乳首をこねてあげただけでそんな反応しているのによくそんなこと言えるね」
「あぁ・・ちょっと待ってください そこばかり刺激しないでください・・」

「痛いなら本当にやめるけどどうする?」
「はぁん・・・もう勝手にしてください こんな意地悪な人だったなんて知りませんでした」

その言葉を無視しながら彼女のはいていたジーパンを脱がし、M字開脚の格好で下着をながめる。
「なんだシミまで作って どこまで若菜はエッチなんだ」
彼女のクリトリスを優しく刺激していく。

なにかに刺されたように大きく身体ビクっ!と動かす彼女はクリトリスが大好物なのはすぐにわかった。
「そこ・・あぁはぁく!」

そのまま数十秒の間ピンポイントで刺激していくと次第にそこも大きく固くなっているのが下着越しでもよくわかる。
「若菜、クリトリスまで大きくさせて 触ってご覧」

言われるがまま触る若菜は下着越しに自分のクリトリスをなぞり「ん・・・本当だ 固くなってる」と喜んでいた。
「そのまま自分で触りつづけて」

そういうと彼女はゆっくりと手を動かし始め、僕は下着を横にずらしながら彼女の肉穴を直にさわる。
その肉穴はすでに体液にまみれていて、指1本を入れるだけでみっちりと締め付けてくる。

「ここ好き?」
と山のようになっている部分を刺激していくと彼女はクリトリスからは指を離さずに身体をもぞもぞとさせている。

「はぁっ・・・そこだめ・・気持ちいい・・あぁ」
「こんなにいやらし音まで出して変態じゃないか 指一本にキュウキュウ締め付けて このマンコに僕のをいれたら気持ちよさそうだ」

言葉責めをしたまま愛撫を続けていくと次第に若菜の鼻息が荒くなり、クリトリスを動かす手を止めてGスポットの愛撫に身を悶ながら「あぁああ!」と苦しそうな声をあげながら彼女はエクスタシーに達する。

顔を隠しながら“あぁ!はぁ・・はぁ・・”と喘ぎ声と吐息が混ざった状態の彼女。

「イク時は僕に言わないとだめじゃないか 気持ちよかったかい?」
「すごく・・気持ちよかったです」
「じゃあ僕も気持ちよくさせてもらうよ」

持参したコンドームの封を切って装着し、休憩している彼女の足を持ち上げて一気に挿入していく。
「んあぁあ!はぁ・・待ってぇ」
「待たないよ それに膣は僕の欲棒を受け入れて離さないようにしているよ それにここ・・君の子宮だよ わかるかいここが子宮だって」

「あぁ・・あぁ・・わかりますすごい気持ちいですイッてしまいそうです」
「良い子になったね でもまだイクのは早い イッてしまっても僕は君の子宮からは離れないよ」
そういいながら数分間密着しながらゆっくりとピストンを続けていく。

「やだぁもうむり・・またイキそうです・・あぁああ」
足をガクガクさせながら壊れそうになっている彼女を眺めながら腰を子宮に押し付けながらさらにこねあげるように愛撫していくと僕も精子が登ってきているのを感じる。

「死ぬ!もう無理死にそう!」と叫んでいる彼女のマンコを無造作に刺激し続けていくと、ビュルルとゴム越しで勢い良くでる精子を子宮に押し当てる。

若菜は“お・・おぉ・・”と獣のような声をあげ、僕も腰をガクガクとふるわしていた。
その後も結局3回戦まで行い、全ての精子をゴム越しに出して就寝。
朝起きたら味噌汁を作ってくれていて、どこか恥ずかしかった。

いまでも仕事中に思い出して僕は興奮してしまい、連絡をとってはいまでも1晩たったの1万で、花屋で働く彼女を貪り尽くすように援交SEXを続けている。

相場より安く会える援交サイト

サイト名 ハッピーメールロゴ ワクワクメールロゴ pcmax
女性会員数 620万人評価-○ 750万人評価-◎ 430万人評価-○
サクラ いない評価-◎ いない評価-◎ いない評価-◎
援デリ遭遇率 3%評価-◎ 12%評価-○ 19%評価-△
出会い率 91%評価-◎ 93%評価-◎ 89%評価-○
年齢層 18歳~25歳
若い女性と援交をするなら迷わずココに決まり!20代前後の女性率が圧倒的に高いぞ!
18歳~31歳
年齢問わず相手を探すのにGOOD!25歳前後の落ち着いた女性との援交は味があるw
20歳~28歳
29代後半の援交相手を探すならココ!年齢が上がれば安くも済むぞ!
総合評価 評価-S公式ページへ♪ 評価-A公式ページへ♪ 評価-B公式ページへ♪

-援交ストーリー

花屋の店員に援交SEXを持ちかけ言葉責めしながらボルチオを刺激しつづけてみた

Copyright© 援交掲示板の相場と援交募集向け出会い系サイト2018@援コム , 2018 All Rights Reserved.