援交掲示板の相場と援交募集向け出会い系サイト2018@援コム

援交掲示板の相場と援交募集向け出会い系サイト2018@援コム

YYCなら出会いが簡単!つまり援交相手探しに使える!!

更新日:

出会い系サイト YYC

1999年にライブドアにより開設された出会い系サイトYYCは、かつてトップシェアを誇る会員数の出会い系サイトでした。

その後LINEを運営するNHNJAPANへ売却されて親会社が変更されたものの、2016年にNHNJAPANがLINE株式会社として上場企業となるにあたり、出会い系サイトの運営は好ましくないとして現在のmixiへ売却されたわけです。

親会社の変更により運営方針が紆余曲折した期間が続いたことから、近年はシェアを落とす結果となり、大手出会い系サイト3社から漏れる状況となっています。

YYCでは、長らく援デリ業者や援交女性を野放しにしていた所に、2016年から取り締まり強化と健全化利用を推進したことで、既存会員の利用目的とのミスマッチが生まれています。

出会い系サイトYYCの料金

出会い系サイトYYCの利用料金は、ポイント制を採用しています。

1ポイント1円換算で利用できるので、他の大手出会い系サイトとはポイント数に違いがあるので注意が必要です。

最低限覚えておくと良い消費ポイントは、次のようになります。

・プロフィール閲覧→10pt
・メッセージ送信→50pt
・掲示板閲覧→10pt
メッセージの確認や1日1回の掲示板投稿は無料となっているので、有料と無料の範囲を把握しておくと良いです。

また、YYCではヘビーユーザー男性向けにVIPオプションを設けており、支払い方法と期間により1ヶ月あたり5,000円程度でVIP特典を受けられます。

実際にはクレジットカードよりもYYCポイントの方が初回は安く、
・18日間:3,000pt
・24日間:4,000pt
・30日間:5,000pt
を消費することでVIP会員になれます。

主なVIP特典として挙げられているのは
・プロフィール閲覧10pt→VIP特典として無料
・掲示板閲覧10pt→VIP特典として無料
・お知らせメールが写真付きで送られてくる
の3点です。

出会い系サイトYYCの特徴(メリット・デメリット)

出会い系サイトのYYCは、2016年に大きな変更があり、一気に健全化を目指すサイトとして生まれ変わっています。

援交相手を探すために利用する人の数が減少した原因として、アダルト掲示板が廃止されたことが挙げられます。

mixi傘下に入ったことで、以前よりも運営会社がしっかりと管理するようになりました。

YYCに関する情報は、最新の状況を確認しなければ現在の姿とかけ離れたものとなっているわけです。

 

YYCを利用するメリット

YYCはアダルト色を廃して健全化した出会い系サイトとして生まれ変わっているので、恋人探しや食事デート募集がメインです。

掲示板の種類は、友達募集・メル友募集・恋人募集・今からあそぼ・グルメデートの5種類となっています。

出会い系サイト本来の仲良くなってから待ち合わせして会うというスタイルが馴染む掲示板構成となっているので、援交相手に求めるのは基本的に食事デートです。

掲示板に記載されている額面通りの付き合いを求めて、掲示板投稿を行ったりデートに誘う行為ならばYYCの方針と合っています。

最初から会う気が無い女性会員を上手く見分けてメッセージ交換を行うことが出来れば、十分に会える出会い系サイトと考えられます。

 

YYCを利用するデメリット

アダルト掲示板が廃止されたことにより、ホテルデートを目指している援交女性は少なくなっています。

なぜなら、隠語を使った援交募集をすると、システム監視ツールに引っ掛かりアカウントが凍結されてしまうので露骨な援交募集がサイト内では出来ません。

結果的に外部メールアドレスへ誘導する男女が増えることになり、更に援デリ業者の温床となってしまうわけです。

また、登録に際して電話番号認証が必要無いために、1人で複数アカウントを持つことが出来てしまう問題点があります。

援交女性と食事デート目的ならYYCは適していますが、ホテルデート狙いなら回りくどい手順が必要です。

サクラ、業者はいないか

出会い系サイトのYYCは、YYCが雇っているサクラはいないものの、メールレディーと呼ばれる女性が実質的なサクラとなっています。

女性向けのYYC広告を見れば分かるように、完全無料で女性はYYCを利用出来るだけでなく、男性会員とのメールを行うごとにマイルが貯まります。

溜まったマイルが3,000を超えると、楽天ポイントや楽天edyへ交換出来るので、手軽なお小遣い稼ぎとしてYYCに登録した女性は考えがちです。

実際に男性とのメール1通につき3マイル貰えますが、他にも自分が掲示板に投稿した内容が閲覧されるごとに1マイル加算されます。

3,000マイルは楽天edyなら1800円分、楽天スーパーポイントなら1,200円と交換可能です。

男性会員と会うこと無く、冷やかしや言葉遊びでお小遣いが得られるなら、暇潰しを兼ねてしまう女性が現れても不思議ではありません。

一方、援デリ業者は外部メールやSNSツールへ誘導する形で生き残り、すぐに直接連絡先を交換出来ることをよく思う男性会員をターゲットとしています。

援交目的で利用する男性会員が少なくなり、一般素人女性はじっくりメッセージ交換してから会おうとするとメールレディーと間違えられるために、一般女性のアクティブ会員数は減少するわけです。

結果的にYYCを利用している女性が減って、援デリ業者ばかりとなってしまいます。

悪徳業者なのかどうか

出会い系サイトのYYCは、メールレディーを女性会員募集に使い続けている点が悪徳業者と言われてしまう原因です。

運営会社の親会社が次月と変更されたことで、運営方針がコロコロ変わっており、2016年にアダルト掲示板が廃止されるまでは事実上援デリ業者を野放しにしていました。

援デリ業者が女性会員のうち多くを占めていたために、男性会員が嫌気をさしてしまったことは否めません。

2016年に健全な出会い系サイトとして生まれ変わったことで、同時にメールレディー制度を廃止すれば良かったわけですが、現在もキャッシュバック制度が残ったままとなっています。

男性会員は出会いを求めてYYCを利用しますが、女性会員はキャッシュバック狙いで会う気も無くメッセージ交換を行い続けます。

加えて援デリ業者が外部メールへ誘導して集客を続けており、電話番号認証導入とメールレディー制度廃止を行わない限り、一般素人女性と会いにくい出会い系サイトに変わりありません。

援交女性探しを行うならば、他の大手出会い系サイトの方が遥かに効率的に会えるので、YYCは健全化を目指しているけれども悪徳業者とみなされやすい出会い系サイトという位置づけになります。

YYCは援交相手探しに使うべきか

YYCを援交相手探しに使うためには、プロフィール閲覧と掲示板閲覧を無料に出来るVIP会員とならなければ非効率的です。

なぜなら、援デリ業者は少なくともプロフィール閲覧と過去の掲示板投稿履歴から確認出来るからです。

メールレディーについては、数回メッセージ交換した時点で直接連絡先を聞いて、無視されるかはぐらかされたら即切れば判断できます。

援交相手募集時に使われる隠語を使うと、アカウント利用停止処分となる点からも、ホテルデート目的ならばYYCは援交相手探しに使えないと考えて良いです。

相場より安く利用されていると噂の出会い系3サイト比較

サイト名 ワクワクメールロゴ pcmax ラブサーチ
女性会員数 620万人評価-○ 750万人評価-◎ 430万人評価-○
サクラ いない評価-◎ いない評価-◎ いない評価-◎
援デリ遭遇率 3%評価-◎ 12%評価-○ 19%評価-△
出会い率 91%評価-◎ 93%評価-◎ 89%評価-○
年齢層
※18歳未満は犯罪です
19歳~25歳 19歳~31歳 20歳~28歳
総合評価 評価-S公式ページへ♪ 評価-A公式ページへ♪ 評価-B公式ページへ♪

-援交-出会い系

YYCなら出会いが簡単!つまり援交相手探しに使える!!

Copyright© 援交掲示板の相場と援交募集向け出会い系サイト2018@援コム , 2018 All Rights Reserved.