援交掲示板の相場と援交募集向け出会い系サイト2018@援コム

援交掲示板の相場と援交募集向け出会い系サイト2018@援コム

援交と不倫の違いとバレた場合の社会的ダメージと慰謝料の金額

更新日:

セフレと不倫がばれた時のダメージ

援助交際と不倫は何が違うのでしょうか?

改めて考えてみると、どこからが不倫でどこまでが援助交際なのか…。

援助交際と不倫が被っているケースはあるのか?

じゃあ愛人関係って何?などなど…。

色々な疑問が出てきますよね。

そしてそれらを明確に答えられる人は多くないと思います。

今回は法律的な視点に重点を置いて検証していきたいと思います。

登録無料で出会える確率の高いサイトを厳選!
援交 出会い系 ランキング
同じサイト内の援交サイトランキングへ移動しますよw

援助交際と不倫の定義

では、援助交際と不倫。

それぞれの定義をまずは整理してみましょう。

違いを判別するためには必須な作業ですね。

援助交際とは

援助交際の定義は、男女の肉体関係を成立、維持するために金品の授受が発生した場合にそう定義されます。

広義の意味では「個人売春」に当たります。

どうも定義があいまいなので線引きが難しいのですが、回数は関係ないようです。

1回ポッキリでもリピートしても、金品の授受が「肉体関係の維持」のためであれば援助交際に定義されます。

18歳以上の女性がこれを行った場合、売春防止法には触れますが罰則がないため逮捕されることはありません。

また単純に買った方もただちに逮捕されることはありません。

即逮捕のケースは組織売春をした(援助交際グループを運営した等)、売春を強要した、売春相手を斡旋した等になります。

言うまでもありませんが、18歳未満と援助交際をするとアウトです。

不倫とは

不倫の定義は、結婚している男女が配偶者があることを自覚しながら第三者と肉体関係を持ち、その関係を継続することです。

この場合も回数は関係ないようです。

ドラマの世界で言う「超えちゃいけない一線を超える」というのがこの行為になります。

ただし、ポイントなのは不倫した人が相手に対して好意があったかなかったかは、不倫の認定にはあまり関係がありません。

あくまで行為の結果を定義するだけなので、愛情の有無はその後の裁判などで焦点にはなってきますが、証明のしようがないですもんね。

そして法律上は、相手が成人であるなら刑法には引っかかりません。

民法上の「不貞行為」には該当します。

よって「不倫をしたので逮捕」ということはありません。

愛人とは

ちなみに「愛人」とは何なんでしょう?援助交際とどう違うのか…。

法律上、愛人を規定する法律がないのが実情です。

逆に言うと法律上の規定がないということは「愛人契約」も相手次第で反故になるということです。

ほとんどの場合、愛人は一定の金品を授受し相手との肉体関係を結びます。

そしてたいていの場合、愛人は既婚者ですね。

こうなると愛人は援助交際であり不倫であると言えます。

ただ援助交際の場合「不特定多数」という定義が入ってきますが、愛人の場合「相手だけ」になります。

ここだけが違うところですね。

もちろん相手先の奥さんと揉めたら損害賠償請求される可能性が高いです。

まとめポイント

援助交際は、金品の授受が男女の肉体関係を成立・維持させる明かな要因になっている場合に定義されます。

この場合、援助する方、される方が独身でも既婚でも関係ない。

回数、頻度も関係ありません。

不倫は、男女のどちらかに配偶者があるにも関わらず男女の肉体関係が成立・維持する場合に定義されます。

不倫に関しては民法の「不貞行為」に当たりますので、金品の授受があるなしに関わらず相手方の配偶者から訴えられたら損害賠償を負う可能性が高いです。

愛人は、特定の異性に対して金品の授受を見返りに肉体関係を提供する場合に定義されます。

刑法上の規定がないので微妙ですが、相手が既婚者であるなら民法上の不貞行為になります。

また「愛人」の法的定義がないので、それを前提にした契約も任意で反故にされる可能性があるし非常にあいまいな契約と言えます。

バレた場合のデメリット

援助交際、不倫、ついでに愛人の定義と法的根拠をおさらいしたところで、バレた場合の社会的ダメージとデメリットなどを検証したいと思います。

あなたが独身者の場合

  • 援助交際
  • 交際相手が18歳以上でなおかつあなたが独身である場合は、正直大したことにはなりません。

    確かに売春防止法では違反ですが罰則がないので逮捕は免れるでしょう。

    ただし、警察24時みたいに現場に踏み込まれたら事情聴取は逃れられません。

    その際に仕事のシフトなどに穴を空けてしまう等あれば、会社での評価は一気に低下するでしょう。

    18歳未満であった場合、刑法上の罪に問われますので逮捕されます。

    社会的な体面もあるので会社はあなたを間違いなく解雇するでしょう。

  • 不倫
  • この場合、相手に夫がいることが想定されます。

    夫は当然、損害賠償を求める権利が発生します。

    状況にもよりますが、相手夫婦に離婚が成立した場合200~300万円。

    しなくても50~100万円の損害賠償が請求されるのが相場のようです。

    社会的なダメージは直接はなさそうですが、調停や弁護士との面談等仕事に支障が出れば、会社での評判はガタ落ちになります。

  • 愛人
  • 独身で愛人関係というのはあまり想定できませんが、もしバレても「普通に付き合えばいいじゃん」で終わりそうです。

あなたが既婚者の場合

  • 援助交際
  • 交際相手が18歳以上である場合、刑法上はアウトですが罰則は負いません。

    ただし、民法上の不貞行為には該当することになります。

    前述したとおり、不倫の定義は「恋愛感情の有無」は問題にならず「肉体関係の有無」がポイントになるためです。

    ましてや、それがお金で若いお姉ちゃんを買っていたというオマケがつくので社会的ダメージは絶大です。

    万が一、相手が18歳未満なら…そうです、逮捕です。

    ニュースでたびたび出てくる「少女と援交して捕まったおじさん」になってしまいます。

    こうなった場合の社会的ダメージはもはや言うまでもないと思います。

    人生が終わりますね。

    さらに、処分保留などで放免されても民事上の責任からは逃げられません。

    妻子からは逃げられ数百万、数千万単位で慰謝料請求、財産分与もされるでしょう。

    文字通り、何もかも失う結果になります。

  • 不倫
  • 普通に考えたら離婚ですね。

    援助交際と違い、刑法上のペナルティはありませんが民法上の不貞行為には該当します。

    妻の側から損害賠償請求を求められた場合、損害賠償と財産分与などで数百万から数千万が飛んでいきます。(収入・資産状況による)

    また相手にも配偶者がいた場合、相手側の夫からも損害賠償請求されます。

    ただダブル不倫だった場合、お互いの損害賠償を相殺することもありますので、即プラス数百万ということにはなりにくいですが、交渉ややりとりが非常に複雑になります。

    とにかく、どんな状況でもあなたは貯金や資産のほとんどと、家族と、場合によっては社会的信用を手放す結果になります。

  • 愛人
  • 不倫と同様の結果が想定されます。

▼合わせて読みたい▼

結局どのパターンが安全なのか…

どのパターンでも一番リスクが高いのは「既婚者である」。

これに尽きます。

もちろん状況によっては独身者でもリスクはありますが、避けられるケースが多いですね。

逆に既婚者は一線を越えてしまったrた社会的、あるいは刑法的な縛りからは逃げられない仕組みになっているようです。

どのリスクを選ぶかはあなた次第です…。

▼合わせて読みたい▼

-援助交際情報

援交と不倫の違いとバレた場合の社会的ダメージと慰謝料の金額

Copyright© 援交掲示板の相場と援交募集向け出会い系サイト2018@援コム , 2018 All Rights Reserved.