援交掲示板の相場と援交募集向け出会い系サイト2018@援コム

援交掲示板の相場と援交募集向け出会い系サイト2018@援コム

えっ、、援交相手のLINEのIDが交換し放題?LINE掲示板には騙されるな!!

更新日:

lineID交換し放題のLINE掲示板は嘘

今やほとんどのスマートフォンユーザーが利用しているといっても過言ではない「LINE」は、その便利さからさまざまなシーンで利用されています。

これほど浸透したサービスだからこそ、「出会い」を目的にLINEが重宝される状況も不思議ではないでしょう。

電話番具やメールアドレスよりも圧倒的に敷居が低く、出会いを求める人に取っては必須ツールといっても過言ではない「LINE」ですが、専門の掲示板ではさまざまな注意が必要です。

援交 出会い系 ランキング

LINEは出会いを求める男女の最強ツール

LINEの魅力といえば、ずばり“簡単に繋がることができる”という点でしょう。

以前ならば、男女が連絡先を交換する手段は「電話番号」「キャリアメールアドレス」くらいしかありませんでしたが、これらは個人を特定する非常に重要な情報です。

当時はそれほど気にしていなかったかもしれませんが、今考えると「なんてリスクの高い行為をしていたのか」と身震いしてしまうかもしれません。

その点、LINEは安全です。

というのも、LINE上でつながる分には個人を特定できる要素が少なく、サービス上でのみつながる関係に留めることができるからです。

だからこそ、今や出会いを求める男女にとってLINEは欠かすことができない存在になっています。

必須ツールとなったが故のリスクに注意

現代の若者ならば、ほぼ確実といっても良いほど常用されているツールだからこそ、本来ならば必要なリスクに対する意識がなくなりつつあります。

基本的には「実際の友達」と繋がるためのツールだからこそ、そこにいる人=信頼できる相手だと認識してしまう可能性が高く、仮にその相手が見ず知らずの人だったとしても、さも昔からの友人のように感じてしまうことも珍しくはありません。

しかし、実際にはそんなことはありませんし、中には悪いことをしようと近づいてくる輩もいます。

「誰もが使っているコミュニケーションツール」だからこそのガードの甘さを利用し近づいてくるリスクに対し、しっかりと対応することが求められます。

相場より安く利用されていると噂の出会い系3サイト比較

サイト名 ワクワクメールロゴ ワクワクメール pcmax PCMAX ラブサーチ ラブサーチ
女性会員数 750万人 評価-◎ 620万人 評価-○ 430万人 評価-○
サクラ いない 評価-◎ いない 評価-◎ いない 評価-◎
援デリ遭遇率 12% 評価-○ 3% 評価-◎ 19% 評価-△
出会い率 91% 評価-◎ 93% 評価-◎ 89% 評価-○
年齢層 19歳~25歳
※18歳未満は犯罪です
19歳~31歳
※18歳未満は犯罪です
20歳~28歳
※18歳未満は犯罪です
総合評価 評価-A 公式ページCHECK♪ 評価-S 公式ページCHECK♪ 評価-B 公式ページCHECK♪

LINE掲示板はサクラと詐欺に注意

具体的にどのようなリスクに対応するべきなのかというと、たとえば次のようなものがあります。

・サクラ
・詐欺業者
・美人局

などです。

出会い系サイトを積極的に利用するのは男性が多いので、一見すると女性は安全かのように思われがちです。

しかし、実際には女性が出会い系サイトで詐欺などに遭遇する事例も少なくないため、性別を問わずリスクに対する対策が求められます。

出会い系サイトで明らかに「援交」を求めてくる相手には、大きく2種類います。

1つは本気でお金を稼ぐ手段として体を売っている人ですが、もう1つは「性的なメリットを餌に悪質な行為を働こうとしている人」です。

ここで注意するべきは紛れもなく後者ですが、それを見極めるためにはちょっとしたコツがあります。

会話が成立するかどうかが最初のチェックポイント

「美人局」の場合は、ホテルなどに入って明らかに攻め立てられる状況が出来上がるまでは普通のやり取りが続きます。

途中で実際に男女が会うことになりますし、最終最後の段階まで美人局だと気付けないことも珍しくありません。

しかし、有料出会い系サイトでお金を使わせることだけを目的として活動している「サクラ」に関しては、わずか数回程度のやり取りでも十分に見抜くことが可能です。

そのポイントとなるのは、“会話が成立するかどうか”です。

具体的な質問をして反応を見てみよう

これを見定める方法はいくつかありますが、たとえば「具体的な返答が必要な質問をしてみる」という方法が効果的です。

最近のサクラは機械的なやり取り以外にも臨機応変な対応をしてくるため、ちょっとした話題であれば十分に対応してきます。

たとえば、「今度会いたい」とメッセージを送ったとして、「まずは仲良くなってから」という反応を返してくるわけです。

以前のように機械的な返答であれば、「何回目のメールにはどのように返答するのか」という風な仕組みになっているので分かりやすいのですが、最近はそれほど簡単ではありません。

しかし、具体的な返答が必要な内容(質問文など)を含めたメッセージをやり取りするように注意していくと、サクラの場合はかみ合わなくなる瞬間が訪れます。

すぐに指摘しないで「泳がせる」と分かりやすい

いわゆる「サクラ」を行っている人の多くはアルバイトです。

状況に応じて対応マニュアルに沿った対応をするような形ですので、突拍子もない内容に対しては反応できないことも珍しくありません。

その人の応用力が高い場合は対応してくる可能性もありますが、少なくともリスクを軽減する意味では非常に効果的です。

具体的な質問は前述した流れを踏襲していくことになりますが、仮に「変だな」と感じてもすぐに指摘しないようにしましょう。

すぐに指摘して実態を確認できれば良いものの、上手にいなされてしまった場合は余計にコストを支払うことにもなり兼ねません。

違和感を積み重ねてほころびを責める弁護士のように、まずは断定する材料を集めることが大切です。

▼合わせて読みたい▼

LINE掲示板であった実際のリスク

まずは、LINEでよく見かける「サクラ」「その他のリスク」がどういう反応を見せるのかを見ていきましょう。

あくまでも一例に過ぎませんが、これを知っているだけでも十分にリスク回避につながります。

  • 質問に対して「思わせぶり」な反応が返ってくる
  • 具体的な質問に対して曖昧、または見当違いな反応が返ってくる
  • 具体的な話題を出した場合に話を逸らされる
  • 男性に対して性的好奇心を刺激するような話題を出してくる
  • 女性に対して「可愛い」などの話題をすぐに出す

このほかにもさまざまな特徴がありますし、仮にこれらの特徴に合致しているからといって確実にサクラや悪質業者とも限りません。

ただ、リスクを回避する意味でいえば「怪しいかもしれない」と感じるかどうかが重要になってくるため、瞬間的にでもリスクが頭をよぎる状況であれば良いでしょう。

自己判断で対処しきれない状況を作らないことが大切

アラサー、アラフォーになれば対応できない状況も減るでしょうが、10代や20代では自分一人で対処しきれない状況も多いです。

もし、自分の中で「何かがおかしい」と感じる瞬間があった場合には、友達や先輩など周囲の人に相談をしてみましょう。

できることならば両親や信頼できる大人に相談するべきですが、それが難しい場合は「危ないと思ったときには逃げる(避ける)」という選択をすることが大切です。

▼合わせて読みたい▼

連絡先交換後こそ注意が必要

さまざまな関門を設けて相手を吟味した結果、「大丈夫だろう」と連絡先を交換したとします。

すると、それまでは非常に信頼できる雰囲気だった相手が突如変貌してしまうことがあり、そうなったときにはすでに連絡先を知られていることから問題が深刻化するリスクがたかくなってしまいます。

仮に100回のやり取りを経て連絡先を交換していたとしてもそれは同じです。

相手にとっては「自由にできる異性」として見られている可能性が高く、それを手に入れるためならば相当なコストを支払うつもりでいる人が多いため、それこそ数か月を経て悪巧みをすることも十分に考えられます。

連絡先を交換した後にこそリスクを排除する努力を怠らないようにし、特に女性は自分の身を守りましょう。

▼合わせて読みたい▼

[ランクページ]

-援助交際情報

えっ、、援交相手のLINEのIDが交換し放題?LINE掲示板には騙されるな!!

Copyright© 援交掲示板の相場と援交募集向け出会い系サイト2018@援コム , 2018 All Rights Reserved.